ダウンロード方法
画像
ファイル
LZH/ZIPファイル
解凍方法
PDFファイル
使い方
フォントの使い方
インストール
アンインストール
絵文字の使い方
絵文字の入力方法
Win/Mac
フォントTIPS(Win)
トラブル
便利なソフト
Webページでフォントを使う
HTMLでフォント指定
画像にして表示
横長壁紙の使い方
使い方
リンクについて
リンク
リンクバナー
[→HOME]
[→小物箱目次]
[→文字箱目次]
[→お絵描きBOX目次]
★Heart To Me★ご利用ガイド
LZH/ZIPファイル解凍の仕方
***.lzhや.zipという名前のファイルは、圧縮されたファイルです。
いくつかのファイルをまとめたり、ファイルサイズを小さくする時などに使われています。
これらの圧縮ファイルは、まず解凍ソフトをインストール後、ソフトを使って出てきたファイルを実際に使うことになります。
おすすめのフリーソフトを紹介しておきますので、GETしてお使いください。
どれも自己解凍形式なので、すぐに使えます。

ダウンロード専用フォルダを作っておいて、
そこに入れるようにすればファイルが迷子になりません。
ここでは簡単に説明をしてますが、Vectorに、WIN・MAC共図解入りのもっと詳しい説明があるので
そちらをご覧いただく方がわかりやすいかと思います。(^^;
Vectorのガイドページ
解凍ソフトのインストール→ [WIN] [MAC]
ダウンロード〜ファイルの解凍の仕方→ [WIN] [MAC]

尚、私はWindowsユーザーなので、特にMACに関する事はよくわかりません。。。
Windowsをお使いの場合
◆Windows95/98/Me/XP/NT/2000/Windows3.1+Win32s◆
WindowsXP
標準で、ZIPファイルを圧縮解凍できる機能がついてます。
普通のフォルダと同じ感覚で使えます。

Lhasa32
LZH
ZIPファイルを解凍できる、初心者にも使いやすいソフトです。
入手先→VectorSoftwarePACK LIBRARY

ダウンロードの際、必ず.exeの拡張子にしてください。(実行できなくなります。)
ダウンロードしたファイルをダブルクリックすると、インストールがはじまります。
「デスクトップにショートカットを作る」をチェックしておいてください。
インストール終了後、「Lhasaを起動します」というメッセージが出るので
「OK」ボタンを押します。 起動すると設定画面が出ます。
「出力先」 解凍したファイルを保存する場所を指定出来ます。解凍専用フォルダを指定
「書庫と同じ場所に解凍」 圧縮ファイルのあった場所と同じ場所に保存します。
「フォルダ自動生成」 解凍した時にフォルダを自動的に作成します。チェックします
「解凍先を開く」 解凍した時に保存先のフォルダを自動的に開きます。 チェックします
「関連付け」解凍したいファイルの種類を押します。XPの場合はlzhだけでいいかも。

LHMelt for Win32
(上級者向?)
DLLを追加する事によって、LZHZIP、CAB、TARの圧縮・解凍、ARJの解凍、ISHの作成・復元が出来ます。
入手先→Micco's HomePage

◆Windows3.1◆
Easy Melting
LZHの解凍が出来ます。
入手先→VectorSoftwarePACK LIBRARY

必ずemelt017.exeというファイル名にしましょう。
ダウンロード後、ファイルを「ダブルクリック」するか、「ファイル名を指定して実行」すると、ファイルが解凍できるので、txtを読んでインストールしてね。
MACをお使いの場合
StuffIt Expander
MACの定番ソフト。ZIP、SITファイルなどを解凍できます
入手先→StuffIt Oficial Site
OSXにはアプリケーションフォルダ内のユーティリティフォルダに標準で入ってるらしいです。

LHA Expander
定番ソフトStuffIt Expanderとほとんど同じ感覚でLZHファイルを解凍できるそうです
入手先→VectorSoftwarePACK LIBRARY
ダウンロード後、ファイルを「ダブルクリック」してください。
(詳しくはVectorの説明ページをご覧ください。)
copyright © 1997-2012 HeartToMe(Sana) all rights reserved.