アイスラーソングス
須山 公美子
(彼女自身のサイトでも紹介されている)
opera club office OPR-9804(CD) \3000

劇「三文オペラ」、唄「海賊の花嫁」「マックザナイフ」他でよく知られている
ドイツの劇作家:ブレヒトの音楽面を、クルトワイルと入れ替わるようにして終生を捧げた作曲家ハンス・アイスラー。
彼はブレヒトと共に共産主義に身を捧げ、東ドイツに骨を埋めたゆえ、
クルトワイルと同等以上の業績を残しながらも、その他の国では今もってほとんど知られていない。
彼の生誕100周年に一念発起して、歌い手:須山 公美子が彼の作品に取り組んだ。
この日本でも、様々な立場の音楽家がアイスラーを1曲2曲取り上げることはあっても、
ポピュラー的なフィールドから、かつほとんどを日本語訳し、
いきいきと歌い上げた作品をCD1枚分まとめたのは、これ初めてかも知れない。
メジャーが取り上げない仕事であるが故に、ここで自主販売されるのは貴重な機会である。


曲目一覧

1.ユダヤ人娼婦マリー・サンダースのバラード
2.家庭菜園
3.ナチ突撃隊の男のバラード
4.統一戦線の歌
5.バイムレン姐さん
6.自殺について
7.ハリウッド・エレジー
(緑茂る胡椒の木の下・この街は天使にちなんで名付けられた・毎朝パンを稼ぎに・
丘で黄金が見つかる・沼・The rat men・4つの都市の上空を旋回する・ハリウッド)

8.ナチ兵士の妻のバラード
9.モルダウ河の歌
10.野に出よう、友よ
11.子供の賛歌


こんなにピアノを練習したのは予備校時代以来だろう。
ほとんどの原譜はピアノと歌の3段譜である。
単純なコード進行に置き換えられない曲が、このCDで言えば7.のハリウッドエレジー。
これを全てパソコンに入力し、須山の声のキーに変換し、練習する。
これがどれだけ大変な作業かわかるだろうか。
何回か迎えたライブの本番は、いつも必死。
そんな矢先に「来月CDに録ろう」と須山が言う。

このCDは、僕にとっては冷や汗の結晶だ。

その後の須山はさらにアイスラーの世界を追求しており、
僕は今ちょっとついていけてない。

ホーム スケジュール 曲目索引 レコード店情報 楽譜講座 CD紹介 市場 雑記帳 メール 掲示板 アンケート